まつげエクステのデザイン性を重視する商材

まつげエクステに使う商材は、デザイン性を重視した物もあります。どのようなデザインが人気かを調べます。

まつげエクステのデザイン性を重視する商材

まつげエクステ商材の中で、デザイン性を重視するものと言ったら、マツエクです。

グルーという専用の接着剤で人工的に作ったまつ毛を付けていきます。

マツエクにはいくつかの種類があって、種類の違いで完成した時の印象が変わってきます。

まつげエクステ商材では、カール、素材、長さ、太さの違いがあります。

カールはJカール、Cカール、Dカールの順にカールの強さが変わります。

Jカールは少し緩やかなカールなので、仕上がりがとても自然です。

Dカールはカールが強く、パッチリとした目になります。

マツエクは専用のエステサロンのような場所で施術しますが、サロンによりCCカールやJCカールなど種類の違いがあります。

これは両方の特徴を持つ中間のようなタイプと思っておくとわかりやすいです。

マツエクの材質は、シルク、ミンク、セーブルの順にセーブルが最も高品質となります。

太さがあるほどボリュームがアップするので、まつ毛もはっきりとわかります。

長さも長くなるほどゴージャスな印象となります。

同じタイプのものを使う事もあれば、一により長さやカールを変える事で動きが出て、仕上がった時の印象も変わります。

どのような印象にするかは、お客様の好みにより違います。

一般的には初心者には自然に見えるマツエクを使い、何度か繰り返していき、自宅でのケアに慣れてきたら、長さや本数をボリューム重視にしていきます。

目の大きさや形によっても合う種類は異なります。